行き遅れババアエロ漫画のネタバレとあらすじ 34歳爆乳パツパツスーツの女主任がとにかくエロいww

チンジャオ娘、すぺしゃるじーのコラボ作品第2弾!

『行き遅れババア』

のあらすじをご紹介していきます!

`パンパンパン…。´今、どんな状況かと言うと今付き合っている今年入社した会社の同じ部署の上司である34歳の女主任と交わっている訳ですが、ここまでになるには時間はそう掛かりませんでしたw

出会ったきっかけは研修期間中のとある昼休みで一人でコンビニ弁当をフリースペースで食べていた時に´君、新人くんだよね?`と声を掛けてくれた事が最初でしたw
入社した時から年上好きもあって気になっていた事もあり、声を掛けてくれたのはいい意味での青天の霹靂だった訳ですが、その後、昼休みで一緒に昼食する回数は増え、プライベートで会うのも増え、そこから男女の関係になっていきましたww

付き合っていくにつれて、見えなかった様々な部分を知る訳で特に性癖の面で行き遅れババアの女主任はM気がある事を知りますが、それ以外では特に年齢差も何の苦にもなりませんでした。
むしろ年上好きなボクにとっては最高の女性ですwおまけに身体もエロいww

また体を求め合うのは仕事中・プライベート問わずにやっていて、ある時、自分が残業した時は伝えていないのに会社にいて、フロアに会社の誰も居ないと分かるや否や、デスクの下でフェラをするのが危ない習慣になってしまっていますw

またある時は朝早くから営業先周りに向う途中の満員電車の中で行き遅れババアの女主任から胸をグイグイ自分に押し当ててアピールをし、`もう我慢できない…。´と駅の多目的トイレで交わった時もありました。。w

また最初の話に戻るが、今、体位は行き遅れババアの女主任をバックでピストンをしているが、もうそろそろ限界なので中に出そうと思い、体位を自分が上の騎乗位でフィニッシュを…と一物をいざ入れようとした時に´中に出していい?`と伝えると`ダメ…今日は危険日なの…。´と言われる事が多く、

自分のワガママが通らない事がざらでそれがたまに傷なのだが、今日は無視してワガママを通してもらって中で果てた…。行為を終えると中で出された事を嫌がっているなと思って顔を見ると微笑みながら満足気でいるので本音が分からない時があるものの、そんな行き遅れババアの女主任が好きな自分がいるのも事実です…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です