行き遅れババアエロ漫画ネタバレと試し読み 浴衣の襟元から覗くBBAの爆乳に興奮し、一晩中まぐわるww

個人的に`大人の女性を違うものに例えるなら?´と考えた事があるが、例えるなら`ヴィンテージワイン…´と自分でもよく分からない着地点に落ち着いたが、その代わりに若者がちょっと年上女性と付き合う例えとして、飲めないのに名が知れたワインやウィスキーの様な洋酒、使えないのに万年筆やアンティークカメラを手に入れたりする…

所謂、背を伸ばして失敗するパターンみたいに感じたりしているが、実は会社には個人的に女性としてたまらない女(ひと)がいる。
それは同じ部署の上司である34歳の女主任だ。
仕事に打ち込むあまり、婚期を逃し、行き遅れババアなんて呼ばれてしまっていますw

行き遅れババアの女主任は仕事面でも、また嗜み程度であるが、大人の過ごし方も教えてくれる。
実はとある出張帰りに女主任と旅館に泊まる事があり、その際、`この地域は蕎麦が有名なのよ。´と教えてくれ、さらに奢っていただいた上、蕎麦を一緒に食べたものの、正直、青二才な自分にとって蕎麦の味・魅力はまだ分からず、蕎麦より肉の方が良いと…。

とはいえ、気になる人との食事は楽しいもので、まるで夢見心地な時間を過ごした。旅館に戻り、一風呂浴びて部屋に戻って過ごしていると`コン!コン!田中くん、いい?´と行き遅れババアの女主任の声が`田中くんの部屋で一緒に夜風に涼んでいいかな?´と願ってもない事が!自分は`いいですよ!´とすぐに二つ返事をし、部屋へ招き入れると行き遅れババアの女主任は浴衣姿になっていて、その姿は魅力的で自分の目には魔力的な雰囲気を醸し出し、それに包まれそうになっていた。

部屋の窓を開けると心地よい風が吹いて流れ込み、いつの間にか2人並びになって座ってお酒を飲みながら涼んでいた。自分は2人でいる緊張のあまりお酒が進んで酔ってしまい、行き遅れババアの女主任からの問いかけも相打ちでしか出来なくなっていた。

すると魔が差して手を行き遅れババアの女主任の浴衣の胸元にイタズラで入れたくなり、さりげなくやってしまった…が、手を入れるとノーブラで生乳(なまちち)に直に触れ、逆に驚いてしまい、それに気づいた女主任は微笑みながら`何してるの~?´と注意され、`すみません!魔が差してしまい…´と言うと`もっと触りたい?´と行き遅れババアの女主任から意外な言葉に驚き、さらに浴衣を脱いで胸をさらけ出し`遠慮しないで触っていいのよ´と言われると自分は躊躇してしまっていると女主任は微笑みながら自分の頭を掴んで女主任自慢であろう豊満な乳房に顔面を押し当ててくれた。

すると勢いなのか本能なのか分からないが、乳首を吸って彼女を味わいたくなった。

夜風に涼んで少々寒かったのか乳首はちょっと固くなっていて吸い易かった。
吸っていくにつれて乳首は甘くなっていき、行き遅れババアの女主任の反応も色気が増し、そしてキスに移った。
その際中も左手は乳房、右手はま〇こへ伸び、直で当てがって指で濡らした秘部を掻き回した。

そのような時間を過ごしていると自分の一物も膨らんで交わうための蜜が溢れだしつつ、我慢できなくなり、行き遅れババアの女主任を寝そべらせて一物を秘部に挿れてピストンへ移った。

挿れた瞬間、一物が今まで味わった事がない快楽に襲われ、こんな若輩者なのに母性に似た優しさで包まれている様にも感じ、それがピストンを続ければ続ける程、快楽は増していき、このまま快楽の海に突き落とされそうになった。

そして自分も昇天(さいご)を迎えるわけなのだが、行き遅れババアの女主任もいよいよ昇天(さいご)にイキたがっていたので`どこに欲しいですか!´と聞くと`中に…中にちょうだい!´だったので中でイったと同時に満足感・幸福感が同時にやってきた。

そう、この時、大人の女性の魅力を肌身で感じて知ってしまったのである。しばらくして後戯もするが、もう一度味わいたくなったので、この後、一晩中交わっていた事は言うまでもない…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です